圧力一定制御(インバータ)

■ インバータ洗浄機のしくみ

このシステムはチャッキ弁からノズルまでの配管内の圧力の現在値を圧力センサーで検知し、インバータで圧力が目標値=現在値になるようにモータの回転数を制御しポンプの吐水量を調整します。そのためノズル本数による流量変化に追従してポンプの吐水量が変化するので常に一定の圧力で水がでます。

圧力一定制御(インバータ)のしくみ

■ インバータ洗浄機と通常の洗浄機の大きな違い

差異説明

(例)11Kw、ノズル5本使用時

  通常の洗浄機 インバータ洗浄機
ノズル使用数 5本 3本 5本 3本
吐出量(l/min) 100 60 100 60
消費電力(kw) 11 11 11 6.6
フル回転数(min-1 500 500 500 300
給水量(l/min) 100 100 100 60
余水量(l/min) 0 40 0 0
インバータ洗浄機使用の場合、ノズルから出る流量が減るとそれに合わせてインバータでモータの回転数を調整し、ポンプの吐出量が減るので余水は無し。省エネ運転になります。
通常の洗浄機の場合、ノズルから出る流量が減ってもポンプの吐出量は変わらず、使用しない水が余水へ戻るのでその分エネルギーの無駄になります。

■ インバータ洗浄機導入のメリット

  1. 節電
    電気の無駄がなくなる
  2. 消耗品削減
    運転時間、回転数が少ないから消耗も遅い
  3. 設置スペース削減
    1台設置のみなので集中管理可能
  4. 準備時間削減
    準備する時間、かたづける時間の削減
  5. 衛生的
    機械台数1台なので見た目もきれい